階級エアライン

Welcome on board!

階級エアライン1周年

2月1日でブログ「階級エアライン」オープンから無事に1年経ちました。アクセスと応援ありがとうございます。

1年を振り返っての感想

ブログ「階級エアライン」を始めて良かったこととして、記事を書くために色々な情報に目を通すことが増え、またイベントへの応募や参加へも積極的に取り組むようになったことが挙げられます。一方で忙しい時期には継続的に記事を書き続けることが難しく感じる時もありました。

イベントへの参加

JALマイレージ王決定戦(2019/6)、旅客機・エアライン検定(2019/10)、楽天モバイル無料サポータープログラム(2019/10)

特に「JALマイレージ王決定戦」は最終決戦まで残り、JALカード入会やその後のJGC修行へと繋がることになり、ここ1年では特に印象に残ったイベント参加となりました。 

www.classairline.com

 

ポイ活、マイラー活動

JALカードへの入会(2019/5)、CLUB-Aカードへのアップグレード(2019/7)、JGC修行開始(2020/1)

ANA派だった機長が前述のJALマイレージ王決定戦参加をきっかけにしてJALのサービスを利用することになった影響が大きかったです。

 

その他出来事

相変わらず毎月のようにポイント交換ルートの追加や変更、廃止が発生しています。何とかPayのキャンペーンはかなり利用しましたが、キャンペーンに踊らされた部分もあったかなと思っています。ここ1年ではポイントサイトのポイントからANAマイルへの交換ルート変更の影響が大きかったです。一方でユナイテッド航空のMileagePlus無期限化は珍しく良いニュースでした。

今後も各カードやポイントプログラムの改悪はずっと続くことになるでしょう。機長のメインカードのJCBザ・クラスも徐々にサービスの終了などが続いています。

 

今後の階級エアラインの更新予定

まずは現在実施しているJGC修行の記事を書いていきます。また、春には本格サービスが開始する楽天モバイルにつきましても記事を増やせたらと思っています。

もちろん当ブログの人気記事であるJCBザ・クラスの記事も欠かさずに提供していきます。

2月以降は機長多忙となりますが、引き続き「階級エアライン」へのアクセスと応援よろしくお願いします。

 

2019年に感謝

2019年はこれまで始めようと思っていたブログとTwitterをとうとう始めた年となりました。

 

陸マイラー活動としては長年ANA派だった機長がJALマイレージ王決定戦、旅客機エアライン検定に参加できたのは良い機会でした。

 

クレジットカードではJCBザ・クラスのあるサービスが終了した一方で、JALマイレージ王決定戦をきっかけにJGC修行を決意し、JALカードに入会したりと色々な動きのあった年でした。

 

来年には無料サポータープログラムに当選した楽天モバイルのサービスも始まりそうでこちらも期待しています。

 

早速元日からは修行フライト頑張ります。

 

旅客機・エアライン検定2級3級ダブル合格!

10月に受験していた旅客機・エアライン検定の2級と3級に無事にダブルで合格し、認定証が届きました。

旅客機・エアライン検定2級3級合格!

旅客機・エアライン検定2級3級合格!

 

旅客機・エアライン検定とは

今回の検定が第1回となる旅客機に関する知識を問われる検定となります。10月27日に最初の検定(2級と3級)が実施されました。また、8月31日には事前イベントが開催されたのでこちらにも参加してきました。

www.classairline.com

 

合格者特典

今回の検定合格者には特典の案内がありました。

合格者有料特典(認定カード)

別途有料となりますが、今回届いた認定証以外に認定カードを受注販売するとの案内がありました。価格は2500円ですが、今のところは持ち歩いて見せる以外の用途がないため、ちょっと悩んでしまう内容です。

合格者限定イベント

2020年2月8日に成績上位者表彰と工場見学のイベントが開催されます。場所はJALスカイミュージアムで応募者多数の場合は抽選となります。

JALスカイミュージアムはJALマイレージ王決定戦最終決戦に続いての訪問となるので楽しみです。 

www.classairline.com

 

同封物

事務局からの郵送物には以下のものが含まれていました。

  • 合格認定証(2級、3級)
  • 合否結果(2級、3級)
  • 合格者有料特典の発売のお知らせ
  • 合格者限定イベントのお知らせ

 

次回検定

同封の案内には次回開催日程は未定との案内がありました。次回の検定は今回実施されなかった1級なのか、再び2級と3級が行われるのか気になります。公式サイトやメールマガジンで最新情報が連絡されるのでこちらの情報もチェックすることにしましょう。

 

2020年JGC修行計画

今年か来年で考えていた機長のJGC修行ですが、多忙のため年内の実施は困難になりました。今年の実施は難しくなりましたが、来年早々の実施を検討しています。

 

www.classairline.com

 

JALグローバルクラブ(JGC)について

「JMBサファイア」以上のステイタスになると入会できるJALの上級会員制度です。

具体的にはステイタスポイント(FOP)か回数(50回)等の一定の条件を満たすことでJMBサファイアステイタスとなります。そしてこのステイタスが適用されている間にJALカードCLUB-A以上のクレジットカードに入会することでJGCの資格を維持することができます。

JGC修行とは

上記のJGC入会のために積極的にJAL便(またはワンワールド便)を利用することを指します。ステイタスポイントを貯める方法か搭乗回数を稼ぐ方法があります。

 

現在の修行計画

年始からかなり積極的に動く計画を考えています。また、短期間での達成を考えていますので回数修行ではなく、長距離路線などで一気にFOPを稼ぐルートが有力です。

早く達成するとその分早めにJGCに入会でき、メリットを受けることができます。

 

準備状況

JGCに必要なJALカードCLUB-Aへの切り替え(入会)は完了しています。

次は実際に搭乗する便の予約、宿泊先の確保など旅行計画がメインとなります。

 

www.classairline.com

 

第1回旅客機・エアライン検定2級と3級を受験

多忙でほとんど準備ができませんでしたが、以前に申し込んだ旅客機・エアライン検定の2級、3級を受験してきました。

航空機・エアライン検定2級、3級

航空機・エアライン検定2級、3級

旅客機・エアライン検定とは

今回が記念すべき第1回となる旅客機の知識を問われる検定試験です。8月末に開催された事前イベントにも参加しました。事前イベントの様子はこちらの記事をどうぞ。 

www.classairline.com

 

いざ受験会場へ

機長は東京会場であるお台場のテレコムセンターで受験しました。テレコムセンターのいくつかの会議室を使って検定を行なっていたようで、少なくとも200-300人は受験されたのではないでしょうか。会場は男性の方が多めで年齢層はやや高めの印象でした。

 

検定の感想

公式テキストの模擬試験問題そのままの出題もあって検定の難易度はそれほど高くは感じませんでした。JGC修行等のマイル計算でお世話になるIATAコード関連はバッチリだったと思いますが、スターアライアンス(ANA)やワンワールド(JAL)以外の航空会社や歴史的な問題、航空機の運航についての問題には苦戦しました。

また、3級に続いて2級も連続で受験したのでさすがに疲れました。。。

第1回なので仕方ない部分もありますが、ちょっと気になったのは公式テキストの誤植、受験票の印字ミス、2級で出題ミスと検定全体を通してミスが多かった点でしょうか。

 

自己採点の結果は?

 

3級はバッチリだと思ったのですが、ちょっとづつ取りこぼしがあって85%超の出来でした。

2級は合格ラインの70%をちょっと超えた正答率でした。

 

3級は合格間違いなしでしょう。2級もほとんど予備知識なしで望んだ割にはまずまずの出来だったのではないでしょうか。

正式な結果は12月中旬に郵送での発表となります。成績上位者には表彰とJAL整備工場の見学に招待されます。また、合格者の中からJALマイルの当選もありますのでこちらも楽しみです。

JALアイスコーヒーを堪能しながらJGC修行計画

6月に参加したJALマイレージ王決定戦の参加賞で頂いたアイスコーヒーを自宅で頂きました。

www.classairline.com

 

香りが良く、味もクセがなくとても飲みやすいコーヒーでした。さすが、機内提供品です。調べてみたところ、このアイスコーヒーはミカフェートという会社で作成しているもので、JAL向けに毎年様々なブレンドを提供しているようです。

 

travel.watch.impress.co.jp

 

JCG修行計画(2019年9月時点)

美味しいコーヒーを飲みながら計画するのはJGC修行。

ここのところずっと多忙につき、年内修行の可能性は非常に低くなってしまったのですが、まだ可能性は0にはなっていない状態です。

 

  • 年内修行

メリット:年内にまとまった休みを取れる可能性があり、修行日程が確保できる。早く解脱すると早くJGC入会できる。

デメリット:安い航空券は既に発売済みで費用が高くなりがち。予定していた便が欠航になった場合、年内にリカバリー出来ない可能性がある。

 

  • 年明けからの修行

メリット:1年間での修行計画を立てることができる。

デメリット:年内修行よりはJGC入会が遅くなる。現時点で来年の予定があまり見通せない。

 

今のところは来年年明けからの修行が有力で、既に国内線の年末年始の売り出しは始まっており、9月10日からは330日前の予約も可能となりましたが、予定が見通せないためまだ動けない(予約できない)のが現状です。

当面は情報を集めつつ、いつでも計画に入れるよう準備することになります。

 

修行方法は?

年内修行だった場合は日程の都合でビジネスクラス等を利用したFOP修行で一気に稼ぐ予定で、来年になった場合はJAL/JGC修行らしく(?)、回数修行を考えていますが、費用や日程、体力と相談して決めることになりそうです。

 

 

「旅客機・エアライン検定」事前イベント参加

10月27日に第1回が実施される「旅客機・エアライン検定」の事前イベントに参加してきました。

旅客機・エアライン検定とは 

10月27日に実施される試験が記念すべき第1回となります。機長が以前参加したJALマイレージ王決定戦と比べると旅客機の歴史や航空会社、運航などに関する幅広い内容が出題される内容となっています。

www.classairline.com

 

イベントの内容

今回はこの旅客機・エアライン検定の公式テキスト発売を記念してのトークショーイベントでした。参加人数は80名程度で、参加者は男性が多めの印象でした。

いきなり模擬テスト

イベントが始まると模擬テストということで問題が配られ、10分間で10問の問題を解くことになりました。引っかけ問題や細かい点を聞いてくる問題もありやや難しめの難易度でした。

回答後は公式テキストの編集者、ライターさんによる解説が行われ、自己採点を行いました。全問正解者はおらず、機長は9問正解だったので上位の出来でした。

解説もなかなか丁寧で出題の傾向や難易度を確認するのに役立ちました。

トークショー

解説の後は公式テキストの監修者の小林宏之さんの講演が行われました。機長としての様々な経験を写真や映像を交えての講演で非常に興味を引かれる内容でした。

約1時間の講演が終わった後には小林さんのサイン会とお土産をもらってイベント終了でした。

 

お土産

お土産に色々なものをもらいました。模擬テストの解説と練習問題は本番の試験に役立ちそうです。

・模擬テスト10問の解説

・練習問題21問

・記念ポストカード

・旅客機エアライン検定チラシ

・JALクリアファイル(ボーイング787)

旅客機・エアライン検定事前イベントお土産

旅客機・エアライン検定事前イベントお土産

旅客機・エアライン検定情報

旅客機・エアライン検定は9月10日まで受験申し込みを受け付けていますので、興味のある人は申し込んでみてはいかがでしょう。

成績上位者は来年2月にJALスカイミュージアムでの表彰式と工場見学に参加できるので単に合格を目指すだけではなく、上位の成績を目指すと良いでしょう。

 

旅客機・エアライン検定準備と対策

・公式テキストは必携でこの中から出題されることになります。

・本番では1時間で80問を解くことになるのでスピードが大切になります。

・今回の2級、3級の試験はマークシートの4択で行われます。

・文字での出題の他に写真や図などを使用した問題も出題されるようです。

・JALの協力ですが、JALに偏った内容ではなく、航空機に関する一般的な用語での出題となるようです。

・アライアンスに関する問題については加盟航空会社数が流動的なため、出題されないようです。9月1日にスターアライアンスからアビアンカ・ブラジル航空が脱退するための影響と思われます。