階級エアライン

Welcome on board!

JCBゴールド ザ・プレミア招待キャンペーン実施中

JCBカードがJCBゴールド ザ・プレミアへの招待キャンペーンを実施しています。JCBゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドカードからアップグレードできるカードで、保有することでJCBザ・クラスのインビテーション取得が見えてきます。

 

Apple Payに登録したJCBザ・クラス

Apple Payに登録したJCBザ・クラス

 

JCBゴールド ザ・プレミア招待キャンペーン概要

通常、JCBゴールドカードで2年連続で100万円以上のカード利用を行うことでJCBゴールド ザ・プレミアのインビテーション(招待)を受けることができますが、今回のキャンペーンでは6ヶ月間に100万円以上のカード利用を行うことでインビテーションを受けることができます。

この招待キャンペーンは決済金額、期間共に通常期と比べてかなり少なくなることが大きな特徴となっています。

 

キャンペーン条件

・おしらせメール配信の申し込み(メールアドレスが必要です)

・2021年9月30日までのキャンペーン登録

・2021年7月1日から12月15日の期間に100万円以上のカード利用

 

また、JCBゴールドで行われているその他のキャンペーンも併用して利用することが可能です。

・新規入会&利用とMyJCBアプリログインでもれなく5000円キャッシュバック

・家族カードの入会で最大4000円分JCBギフトカードプレゼント

 

JCBゴールド ザ・プレミアの特徴

JCBゴールド ザ・プレミアではJCBゴールドのサービスに加えていくつかのサービスが追加されます。

1.プライオリティ・パス

国際線保安検査後の航空会社ラウンジが利用できるプライオリティ・パス(PP)に申し込むことができるようになります。プライオリティ・パスの年会費や利用料金はかかりません。最近は成田空港のANAラウンジもこのプライオリティ・パスで利用できるようになっています。

2.JCBラウンジ京都

京都駅にあるJCBラウンジ京都が利用できるようになります。

3.JCBプレミアムステイプラン

厳選された上質で人気のホテルや旅館が申し込めるサービスです。

 

JCBゴールドザ・プレミアの年会費についてはJCBゴールドの年会費(11000円)に加えて5500円のサービス年会費が発生しますが、前年に100万円以上のカード利用がある方、インビテーションを受けた年はこのサービス年会費が無料となります。

 

また、「2022年3月に新デザインでご招待」となっていますのでJCBゴールド ザ・プレミアの新デザインも気になるところです。

 

JCBゴールド ザ・プレミアとJCBプラチナ、JCBザ・クラスの比較

年会費やラウンジなどのサービスで各カードの違いを比較してみました。

 

 

JCBゴールド

ザ・プレミア

JCBプラチナ JCBザ・クラス
入会方法 招待制 申込制 招待制
年会費(税込)

¥11000または

¥16500

¥27500 ¥55000
家族カード

1名無料

2人目から¥1100

1名無料

2人目から¥3300

8名まで無料
京都ラウンジ
USJラウンジ  
ディズニーラウンジ    

プライオリティ・パス

本会員のみ無料 本会員のみ無料 同伴者1名も無料
その他     メンセレ

 

JCBゴールド ザ・プレミアは年間100万円以上利用するJCBゴールドユーザーであればサービス年会費がかからず、JCBゴールドと同じ年会費となりますのでかなりコストパフォーマンスが良いカードとなっています。

 

JCBザ・クラスはさすがの最上位カードで無料のサービスやラウンジの利用が他カードよりも優れています。なお、表には記載していませんが、JCBザ・クラスは利用限度額がかなり大きく、機長はとても重宝しています。また、1年に1回提供されるザ・クラス メンバーズセレクション(メンセレ)も毎年とても楽しみにしています。

 

www.classairline.com

 

まとめ

通常は2年程度かかるJCBゴールド ザ・プレミアが半年で取得できるようになるのはかなり魅力的なキャンペーンと言えるでしょう。

また、このJCBゴールド ザ・プレミアを保有することでJCBザ・クラスのインビテーションが受けやすくなると考えられますので、JCBザ・クラスの保有を目指している方は是非このキャンペーンに参加しておきましょう。

 

 

JCBオリジナルシリーズ JCBオリジナルシリーズ

JAL国内線タイムセールで夏休みの航空券購入

先日まで実施されていたJALの国内線タイムセールで夏休みの航空券を購入しました。

JAL国内線タイムセール

JAL国内線タイムセール

 

機長の今年のJAL搭乗状況

昨年のJGC修行から一転して今年は現時点で搭乗回数0回です。そしてコロナの影響もあり今年はこの後1回搭乗するかどうかの微妙な予定となっていました。

今回のタイムセールではとにかく1往復を安く予約し、JGCとJALカードの初回搭乗ボーナス獲得+αを目標にしました。

 

機長のタイムセール攻略法

今回のセール対象となっている路線のうち、羽田(HND)から伊丹(ITM)、新千歳(CTS)、福岡(FUK)、那覇(OKA) の路線で探すことにしました。

 

まず最初に先得カレンダーで最安値の日程を確認した上で休みの予定などと照らし合わせていくつかの候補をリストアップしました。

 

その後は以下の希望や条件を設定して候補を絞り込みました。

・深夜早朝便、宿泊が伴う旅程は避ける

・機材はまだ利用したことのないエアバスA350か国際線機材

 

往路は安く取れても復路が高かったりする場合もあり、満足する価格と日程を探すことは根気の必要な作業となりました。

 

機長のタイムセール購入結果

様々な組み合わせを比較検討した結果、今回は日帰り福岡旅行となりました。

往路

今回のタイムセールの目玉?の8000円台の福岡便です。これは深夜早朝便でない上に伊丹便よりも安い価格となっています!

復路

復路はエアバスA350のクラスJを予約しました。こちらはタイムセールではなく普通席の先得割引と株主優待価格のクラスJとの差が1000円程度でしたので株主優待を利用してクラスJを予約しました。

エアバスA350は初めての搭乗となるのでとても楽しみです。

 

まとめ 

夏休みは日帰り旅行(修行?)となり、福岡での滞在時間がとても短いのですが、JGCカウンターサクララウンジの利用と初めての搭乗となるエアバスA350を楽しみたいと思います。

 

例年であれば夏休みは繁忙期で都合の良い日程で予約することが難しいのですが、今年はまだまだ空席もあり、他の航空会社もかなりセールやバーゲンを打ち出しています。

 

色々な路線を調べているとどんどん搭乗したくなってきますね。今年は1回のみの搭乗予定と言いつつ結局どこかへ行くかもしれません。

 

JCBマジカル 2021 第2弾 参加登録開始

JCBカードのキャンペーンの一つであるJCBマジカル2021の第2弾が発表され、現在参加登録受付中です。機長も早速参加登録を行いました。

 

JCBマジカル2021 第2弾参加登録完了

JCBマジカル2021 第2弾参加登録完了

JCBマジカル2021

JCBマジカル第1弾は現在実施中で6月15日までのJCBカード利用分が集計されます。

こちらは2021年12月3日の貸切イベントへの招待またはパークチケットが当選するキャンペーンとなっており、機長は貸切4名コースに応募しています。

 

www.classairline.com

 

JCBマジカル2021 第2弾

第2弾は第1弾の期間終了後の6月16日から開始されるキャンペーンとなりますが、参加登録は既に始まっています。

 

参加登録期間:2021年6月10日〜12月15日

キャンペーン期間:2021年6月16日〜12月15日

 

バケーションパッケージご招待コース

2022年6月24日(金)2022年7月1日(金)のいずれかを選んで応募できます。

バケーションパッケージにはディズニーパスポートや宿泊だけでなく、人気アトラクションの利用券グッズの引換券なども付いてきてパーク内で楽しく過ごせる内容となっています。

今回当選するバケーションパッケージの特徴ですが、宿泊ホテルは東京ディズニーセレブレーションホテルとなり、初日は東京ディズニーランド、二日目は東京ディズニーシーしか入園できない点には注意しましょう。

 

パークチケットコース

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーどちらかで利用できるパークチケット(ペア)が3000組6000名に当選します。

 

Wチャンス

上記の抽選に外れた場合もWチャンスでJCBオリジナルディズニーデザイングッズが26000名に当選するチャンスがあります。

 

機長の参加状況

家族でディズニーリゾートに遊びに行きたい点と日程の都合で今回は「バケーションパッケージコース」は避けて「パークチケットコース」へ参加登録しました。

JCBマジカル2021は複数のJCBカードを保有している場合、それぞれの参加登録が可能ですのでメインカードのJCBザ・クラスだけでなく、ソラチカカードでも参加登録を行いました。

 

JCBオリジナルシリーズ JCBオリジナルシリーズ

JCB THE PREMIUM 2021年6月号

少し前に到着していたJCB THE PREMIUM6月号にようやく目を通しました。

JCB THE PREMIUM 202106号

JCB THE PREMIUM 202106号

 

JCB THE PREMIUMとは

JCBカードのプレミアムカード( JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド、ネクサス)の会員向けに発行されている会員誌です。現在は冊子の送付に併せてオンラインでデジタル版も見られるようになっています。

内容は国内外の地域の特集、お店やサービスの紹介に加えてJCBカード自体の案内も記載されています。なお、厳密には東版西版があり、チケット情報が異なっています。

 

国内特集

「沖縄に残るアメリカ文化を訪ねて」という内容で、今も残るアメリカ文化のお店やサービスの特集でした。沖縄でよく見かけるブルーシールアイスクリームもアメリカ文化の影響を受けたアイスクリームということで紹介されています。

沖縄のホテルとして「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「ザ・ブセナテラス」の2件が紹介されていました。機長は以前ルネッサンスリゾートオキナワは利用したことがあるのですが、ザ・ブセナテラスは利用したことがなく泊まってみたいホテルの一つです。

 

海外特集

「ハワイ」特集でハワイ島とオアフ島で見どころあるところが紹介されていました。新型コロナウィルス感染拡大の影響のためでツアーはオンラインのものが紹介されていました。いつになったら普通にハワイに遊びに行けるようになるでしょうか。

 

その他特集

読書空間で紹介されていたブックカフェはどこも行ってみたいところばかりでした。ブックカフェだと落ち着いて読書できそうです。

 

1年前の2020年6月号との比較

1年前の2020年6月号は緊急事態宣言の発令に伴い、トラベルやチケットのページが休止になっていました。この状況と比べると現在は感染対策を行なった上で様々な活動が再開していることを感じます。

 

www.classairline.com

  

まとめ

今号は行ったことがある場所、行ってみたい場所の記事が多めでじっくりと読みました。来月の内容も楽しみにしています。

 

JCBオリジナルシリーズ JCBオリジナルシリーズ

スターバックス リワード Gold Star更新

スターバックス リワード プログラムのGold Star会員を更新しました。ここ1年はコロナの影響で外出が減ってスターバックスの利用頻度も下がっていたのですが、更新期限間際で更新できました。この記事もスターバックスでコーヒーを飲みながら書いています。

スターバックス リワード Gold Star更新

スターバックス リワード Gold Star更新


 

スターバックス リワード(STARBUCK REWARDS)とは

スターバックスカードで支払いを行うと54円毎にStarが1つ集まり、1年間で250Star貯めることでGold Star会員となります。このGold Star会員となると150Star毎に好きな1品に使えるReward eTicketと交換できるようになります。

機長はこの1年間のGold Star会員の更新期限が迫っていましたのでここのところ連日スターバックスを利用していました。さながらスタバ修行になりますね。

 

スターバックスカードのメリット

スターバックスカードで支払った場合、上記のStarが集められます。また、One More Coffeeの価格が108円(持ち帰り)110円(店内)となります。

スターバックスカードは通常はカード型で発行されますが、スマートフォンのアプリに登録しておくと便利です。デザインも複数のものから選ぶことができ、地域や店舗限定のデザインもあります。また、カード型以外にペン型キーホルダー型のカード、アプリ内のみで発行されるデジタル版もあり、カード型と同様に使用できます。

Gold Star会員向けスターバックスカード(デジタル)

Gold Star会員向けスターバックスカード(デジタル)

 

スターバックス リワード Gold Star会員のメリット

・150Star毎に好きな1品に使えるReward eTicketと交換することができます。

・新商品を先行購入できるeTicketが配布されることがあります。

・過去にはカスタマイズが無料になったり、1杯分の価格で同じ飲み物を2杯分購入できるeTicketなどが配布されたことがありました。

 

スターバックス リワードのStarの効率的な集め方

通常は54円で1Starとなりますが、不定期でボーナスのStarが付与されるキャンペーンが実施されますので是非利用しましょう。

キャンペーンは特定の商品を購入した場合にボーナスStarが付与されるものが多いです。昨年からモバイルオーダーのサービスも開始されており、そちらを利用することでボーナスStarが付与されるキャンペーンもありました。

キャンペーンのお知らせはアプリの通知やメールで届きますので確認するようにしておくと良いでしょう。

 

スターバックスカードへのチャージ(オンライン入金)で有利なカード3選

スターバックスカードへのチャージ(オンライン入金)はクレジットカードで行え、クレジットカードのポイントも貯まります。クレジットカードの種類によってはボーナスが付与されますので以下に紹介します。

1. JCBザ・クラスを含む、JCBオリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズでは事前にポイントアップ登録を行なった上でスターバックスカードへのチャージを行うとOkiDokiポイントが10倍となります。

通常は1000円で1ポイント(5円相当)のところが、1000円で10ポイント(50円相当)になります。ただし、9倍分はボーナスポイントとなります。機長はいつもこの方法でメインカードのJCBザ・クラスからチャージしています。

 

2. JALカード

スターバックスはJALカード特約店となっていますので100円で2マイル加算されます。現在、1000円以上利用した人の中から抽選でマイルが当選するキャンペーンを実施中です。(5月末まで)

 

3. ANAカード

スターバックスカードへのチャージで通常のクレジットカードポイントに加えて100円につき1マイルが加算されます。

店頭で直接ANAカードで決済した場合には200円につき1マイルが加算されます。

 

スターバックスカード以外の支払い方法

2021年1月からスターバックスで取り扱っている電子マネーが一気に増えました。

Suicaなどの交通系電子マネー

現在、One More Coffeeが108円(持ち帰り)110円(店内)となるキャンペーンが実施中です。(6月末まで)

PayPay

3月に「300円以上支払うと100円相当戻ってくる」キャンペーンを実施していました。

 

まとめ

スターバックス リワード プログラムはスターバックスをよく利用する人には便利なサービスとなっています。スマートフォンのアプリを主に使うことになりますが、モバイルオーダーは店頭での待ち時間も少なくなるのでオススメです。

 

機長は通常はJCBザ・クラスでのチャージを行なったスターバックスカードでの支払いをメインにしていますが、キャンペーンがある場合にはその他の支払い方法を利用するといった使い方をしています。

 

JCBオリジナルシリーズ JCBオリジナルシリーズ

コンビニ限定でJCBカードのスマホ決済20%キャッシュバックキャンペーン実施中

コンビニ限定となりますが、JCBカードのスマホ決済利用で20%のキャッシュバックキャンペーンが行われています。

Apple Payに登録したJCBザ・クラス

Apple Payに登録したJCBザ・クラス

 

キャンペーン概要

キャンペーンに事前登録して対象加盟店でスマホ決済(Apple Pay、Google Pay)を利用すると利用金額の20%がキャッシュバックされるキャンペーンとなっています。(最大1000円分)

スマートフォンに登録したQUICPay、Apple Pay、Google Payだけでなく、JCBコンタクトレスも対象になっています。

 

JCBザ・クラスもキャンペーン対象

機長のメインカードのJCBザ・クラスも対象になっており、手持ちのカードではJCBザ・クラスだけでなく、ソラチカカードも対象となっています。ただし、一人のキャッシュバック合計は1000円と決まっています。

家族カードがある場合は家族カードも合算されますので注意しましょう。

 

キャンペーン期限は5月末まで

キャンペーン期限は2021年5月31日までとなっています。

また、キャッシュバックは2021年8月の支払い分で行われますのでそれまでは対象のカードを解約しないように注意しましょう。

 

まとめ

現在、コンビニでは様々なキャッシュレスサービスのキャンペーンが行われていますが、その中でも今回のJCBの20%キャッシュバックはかなりお得な方に入るのではないでしょうか。

 

JCBオリジナルシリーズ JCBオリジナルシリーズ

マイナポイントが貰える期限ギリギリでマイナンバーカードを申請しました

マイナポイントの対象となるマイナンバーカードの申請期限が4月末に迫っていたので期限ギリギリとなりましたが申請を行いました。

 

  

マイナンバーカード&マイナポイント

マイナンバーカードはマイナンバー(個人番号)が記載されたカードになります。確定申告などマイナンバーを提示する際に使うことができます。

マイナポイントはマイナンバーカードを登録したキャッシュレスサービスを利用することで最大25%(5000円相当)がもらえるポイントサービスとなっています。このマイナポイントの対象となるマイナンバーカードの申し込み期限が2021年4月末(当初は2021年3月末)となっていました。

 

申し込みはとても簡単

QRコード付きの申請書が届いている場合、申し込みはとても簡単でした。

  1. 申請書に記載されたQRコードをスマートフォンで読み込み、名前とメールアドレスを登録します。
  2. メールで登録用のURLが届きます。
  3. URLにアクセスして写真の登録と生年月日を登録します。
  4. 受付完了メールが届いて申請完了です。

申請自体はとても簡単なのですが、登録する写真に色々な条件があり、スマートフォンでの申請では手間がかかりました。

 

締め切り間際で大混雑

機長と同じように期限ギリギリでの申請になってしまった人が多かったようで、申し込みページは時々繋がらない事態が発生しました。画面のメッセージ通り、しばらく経ってから試すと繋がりました。

 

マイナンバーカード申請ページの混雑

マイナンバーカード申請ページの混雑

 

申請後の流れ

1か月程度で市区町村から交付通知書(ハガキ)が届きます。受け取り日時の予約が必要になりますので予約をした上でマイナンバーカードを受け取ることになります。また、受け取りの際には本人確認書類などが必要になります。

さらにマイナンバーカード受け取り後にマイナポイントの手続きを行うことになります。こちらの期限は2021年9月末となっています。 

 

マイナポイント対象にJCBカード登場

5月20日以降のマイナポイントの申請時にJCBカードが加わることが発表されています。対象カードには機長のメインカードのJCBザ・クラスも含まれていますので申し込んでみようかと思っています。なお、JCBカードでのマイナポイント申請にはMyJCBへの登録が必要になっています。その他の詳細はこれから発表されていくようですので定期的に情報をチェックしておくと良いでしょう。

 

JCBオリジナルシリーズ JCBオリジナルシリーズ